ささやかでもあたたかな二人の門出

食事会で両家の絆を深めて

大人数の結婚式も豪勢ですが、やはりそれだけタイトなスケジュールになるうえに、特に家族・親族は新郎新婦と距離が遠くなってしまいます。せっかくの大切な息子・娘の一生の晴れ舞台。他のゲストに遠慮してしまい寂しい思いをすることは、できるだけ避けたいですよね。家族のみの結婚式なら、ゆっくり家族と新郎新婦が歓談・写真撮影の時間が持てるのです。特に少人数プランのある式場だと、家族のみの披露宴では「食事会」という形式がとられる場合が多いです。両家が集まりゆっくり話をする機会もなかなか持てないもの。この機会に、両家揃ってお祝いと歓談の場を設けてもいいですね。晴れ姿の新郎新婦とも、ゆっくり写真撮影ができ、家族の思い出になりますよ。

家族のみの披露宴だからこそ…

家族のみの食事会でも、披露宴と同じように新郎新婦が希望する演出を行うことができる式場も多いです。定番のウェディングケーキの入刀やファーストバイトはもちろん、家族のみの披露宴だからこそできる演出も取り入れてみましょう。披露宴終盤の一般的な演出のひとつである「花嫁の手紙」。新婦のみ家族へ向けて手紙を読む場合が多いですが、新郎もぜひ家族へ感謝の手紙を披露してみませんか。いつもは恥ずかしくて言えない想い・新しい家庭を持つことへの覚悟や意気込みなど、ぜひ手紙にして発表してみましょう。多くの親御さんも、新婦のみ手紙を披露するものだと思っている方が多いので、新郎からの手紙にサプライズしてくれますよ。ハートフルな演出で、家族の食事会も盛り上げましょう。